2018.2.16 Movements Oneness Meeting “縄文と弥生”@東京 UNIT

MOVEMENTS ONENESS MEETING
縄文と弥生 JOMON & YAYOI
2018年2月16日 金曜日 旧暦新年

縄文から弥生へ。
新しい価値観を受け入れながらも、失われなかったこの土地自体が持つ精神。ルーツとアートがクロスしながら世界に繋がる様々な音が交差する、旧暦新年・新月のまつりの夜

まもなく終わる平成。
この転換期に考えたいのは、 ほかでもない「縄文と弥生」のこと。 この日本列島で最初に暮らした縄文人が残したのは、 自然と共生する知恵や、マツリを愛する心。 たとえ、米のおいしさに目覚めても、 よいものは姿や形を変えて、現代に受け継がれている。 そんな失われない文化に今一度目を向けてみたい。 ひとつではない目的、生き方、多様性。 時代が移り変わる今、この瞬間を 音楽やイメージ、言葉の力で楽しもう! 旧暦新年の日に。

◎UNIT

LIVE: ALKDO (TURTLE ISLAND ACOUSTIC) / SOFT meets 東京月桃三味線

DJ:EYE / HIGHTIME INC.( DJ TASAKA + JUZU a.k.a. MOOCHY) / MAMABRAZIL (HoboBrazil + Mamazu)

LIVE PAINT: 南出直之(NANDE)

◎UNICE

LIVE:COMA-CHI / 櫻井響+GoRo+KORASUGI / くふき / KENJI IKEGAMI

DJ: YAMA a.k.a. SAHIB / ZEN RYDAZ(MACKA-CHIN + MaL + JUZU a.k.a. MOOCHY) / YO.AN(Hole and Holland)/ SEI(bar bonobo) / 石井(誤解)…and more

トークセッション
永山愛樹(TURTLE ISLAND,ALKDO)× ヤミラ(お菓子作り考古学者)× JUZU a.k.a. MOOCHY × 石埜穂高(司会, NPO法人Jomonism)…and more

■Open/Start 20:00(UNITは24:00~)
前売券3,000yen / 当日券4,000yen
※ご入場時に別途ドリンク代として500yenをいただきます。
※仮装・民族衣装のお客様、前売り料金で入場可!
※チケット取扱:UNIT店頭またはローソン[Lコード:70377]、e+、ぴあ[Pコード:106-312]にて販売。詳しくはホームページやFACEBOOKをご覧下さい。

■KEYWORD
_縄文時代
最終氷河期の終わりから本格的な稲作農耕がはじまる前までの1万年以上、日本列島に定住した人びとが狩猟採集と祭りをしながら、今につながるさまざまな道具や習慣、価値観を生み出した時代。戦争は起こらず、土器や木工、編み物などの手仕事が各地で高度な発達を遂げ、日本列島のものづくり文化の礎を作った。一説には差別がなかった時代だとも。

_弥生時代
大陸から水田稲作や金属器、織物などの技術や文化がもたらされ、農耕による生産経済が開始。日本の農村生活のルーツであり、富の蓄積とともに階層化が進み、後の古墳時代へとつながる政治権力が生まれてゆく。

※ご入場時に別途ドリンク代として500yenをいただきます。
※未成年者のご入場不可。ご入場の際写真付きIDチェックがございます。ご持参でない場合、ご入場できませんので必ずご持参ください。
※チケット取扱:UNIT店頭またはローソン、e+、ぴあにて販売予定。

http://onenesscamp.org/